お休みやメニューやいろいろなお知らせ       
[521]  [520]  [516]  [518]  [519]  [517]  [514]  [506]  [511]  [512]  [510






8年前、
夫婦二人ではじめた小さな店に、
今では、スタッフが増えました。

オープンの頃、まだ若かった?27歳32歳のわたしたちも、
いつしか35歳と40歳になりました。
 
これから店をもとうとする、
若いスタッフの方々のパワーはとても力強いです。



定期的に行っている、スタッフご飯会。
いつもは、掛け持ちしているスタッフのもうひとつのお店や、
参考勉強になるお店に食べに行くのですが、
今回は珍しく、砂の岬のお店で開催しました。

なぜならば、今回の会は、
イタリアに料理留学するスタッフのお見送り会でもあるからです。


イタリア料理、タイ料理、ベトナム料理、
スリランカ料理、そしてインド料理。
みないろんな場で、料理に携わってきたなかで、
それぞれの店をもつ目標があります。

料理人を目指す、スタッフみなさんの料理を食べたいと思いました。
それを仲間とともに、食べ感想を述べあう。

経費を気にしたり、自分自身の料理に値段を決めてみたり、
何人分の料理を何時間で仕込めるのか、採算は合うのか、
お店をもったら、料理のことだけでも課題はたくさん。
それを話し合い、感想をお互いに伝えあう、
そんな機会があってもいいのでは、、、と考えたのが今回。


イタリアに行く彼女は、イタリア料理。
四季を表現した前菜にはじまり、パスタまで。
インド料理とスリランカ料理をめざすスタッフは、
それぞれの作るものを担当し、(野菜、魚、肉、副菜、、、など)
ひとつの皿のミールスを完成させました。
 


 
  


 
   
   
乾杯!

気を付けて、いってらっしゃい!

 





長い夜は、
みなさんといろんな話をして、あっという間に時間が経ちました。

今回のご飯会、みなさんのお料理を食べることができて、
本当に素晴らしかったです!

構想を練って、完成にもっていく力。
バランスへの意識。
砂の岬のスタッフは、みんな好みが似ていると感じました。

もちろん、プロの料理人になるための課題がいくつかありましたが、
それは、時間をかけていくなかで実力となっていくもの。

それよりも大事なことは、
作りたいという意志であったり、料理が好きという気持ち。
自分のつくった美味しいものを食べてほしいと思うこと。

そんな気持ちがたくさんあって、
わたしたちはとても感動した夜でした。
たくさんの感想を述べあう時間もよかったです。

また、こんな機会をもとうと思いました。

わたしたちの大好きな仲間とともに、
これからも砂の岬をがんばっていきます!
よろしくお願いいたします。


砂の岬
砂の岬ホームページへ
砂の岬ホームページはこちら。
こちらのページは、 日々のお知らせ(NEWS)です。   上記リンクから、ホームページへ移動します。
砂の岬について
砂の岬は、大変小さな狭いお店です。事故防止のため、10歳未満のお子様のご同伴をご遠慮いただいております。     4名様以上のご来店は、ご予約のみお受付しております。ご予約のないお客様はお断りしております。 どうぞご理解ご協力お願いいたします。
営業日等の詳細は、ホームページにてご確認ください。
砂の岬ができるまで
ブログ内検索