お休みやメニューやいろいろなお知らせ       
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


 


プネーで
思い出のある場所を巡る。



 

































蘇る思い出のある場所には、
必ず美味しいものがある。
 
風景のなかに、
昔、記憶した味がある。








 
 





ムンバイから移動して、プネーへ。

5年前、
もう砂の岬はオープンしていたけれど、
そのとき数か月店を閉めて、
店主はひとりでプネーに滞在していた。

ホームステイをしながら、
語学と料理を学んだ日々。

そのときの懐かしい場所へ。

そして、なにより大切な場所へ。






2015年、砂の岬の本
「不器用なカレー食堂」が出版されて、
そのとき、
一番最後の章で書いた文。

そこで登場した店。
その店がプネーにある。

店主がどこよりも好きな店。

 
  



 



 






あの頃の想いは、
今も変わらない。



2014年2月の
店主の日記へ
・・・



 










今回ムンバイで滞在しているホテル。








 
ホテルでのブレックファースト。

マラーティの家庭で食べるような優しい味わい。
素材の切り方、色合い、組み合わせなどのセンス。
美味しい。
 
Dhokla
Veg Samosa
Sago Payasam
Sago Khichadi
Sooji Upma
Bamiseri Upma
Batata Vada
Pudina Chutney
Pomegranate Raita 




 



 


スタッフの人はみんな優しく、
細やかな気遣いをしてくれる。
 
美しく保たれた空間もすべて、
丁寧な素晴らしい仕事。
 

 


赤ちゃんはインドに来てからも、
よく食べよく寝てよく遊んでいる。
健康でなにより。。


わたしたちの仕事は、
赤ちゃんが寝ているわずかな時間のなかで、、、

一日のスケジュール調整に悩む父。


 
  
 





現在、インドに来ています。

お店をオープンする前から、
ずっと訪れているインド。。


砂の岬は、
インドでの体験すべてが店に反映されています。

狂おしいほどに美しい風景も
乾く土の香りも、焼ける太陽も焦げる火も、
すべてが料理になる。

砂の岬で表現したいことは、
いつもインドにある。

だからこそ、
ずっとインドに来ています。



今回、
わたしたちにとって大きな変化は、
去年生まれた息子を連れてきたこと。

7カ月の息子にとって
インドはどのように映るのか。
インドの風を心地よく感じるだろうか。
 
 


 


子供を授かるまでは、
子供を連れてインドに来ることなんて難しいと考えていた。
数年は、主人のひとり旅になるだろうと、思っていた。

けれど、
砂の岬に産まれた息子は、
わたしのお腹のなかにいるときから、
インドに来ている。
ずっとスパイスがそばにあり、
インドを感じているだろう。


わたしたち夫婦が
砂の岬の店を成長させ、
守り続けていくなかに、
息子がいる。

一緒にインドに行くことのほうが
幸せだろうと思った。
父と母の幸せを感じる場所に
心動かさる場面に一緒にいよう。


そう決めて、
インド行きのチケットを3枚手にした。
  
  
  




赤ちゃんを連れてのインドは、
対策と準備が必要。

パスポートとVISAの取得からはじまり、
感染症対策と予防接種。

飲み物も食べ物も調理道具も全部持参。
赤ちゃんが快適に過ごせる環境をもっていくために、
多くの物を買いそろえた。
60ℓのスーツケースはすべて
赤ちゃんに必要なものでいっぱいになった。

そこまでして連れてくる意味はあるのか。
正直、準備をすればするほど悩んだりもした。

飲み水を考えるだけで、
蚊にさされるかもと考えるだけで、
大変すぎる、、、


でも、
インドの人はインドで赤ちゃんを育てている。
あたりまえの風景だと、そう考えると、
普通のことだとも思った。



困難だと感じるものに挑戦しなければ、
ずっと前には進めない。

かなりの労力を使おうと、
長い時間を費やそうと、
いつか結果につながるのであれば、
そこに挑戦してみよう。

砂の岬も
わたしたち家族も
そうして前に進んでいこう。

きっとインドは両手をひろげ迎えてくれるだろう。

さぁ、
砂の岬のインドがはじまる。



 









2019年1~2月は
インドへ行っています!
営業はお休みです。

★インドでの様子は、ブログを更新いたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



再開は、
3月1日(金)~です。

インドの雑貨のバザールをする予定です!
1階のお席の一部を使用します。

 期間 ⇒ 3月1日~17日



 

◆2019年3月の営業日 (クリックすると大きくなります⇩)


 


3月21日(木)~31日(日)は、
スペシャルミールス期間です!

今年1~2月に、インドで訪れた
地域のミールスを表現いたします。

数年前から、頭のなかで思い描いていたミールス。
今回もう一度訪れ、再確認してきます。

お楽しみに!







あけましておめでとうございます

新春を迎え
皆様のご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いいたします


砂の岬



  
◆2019年1月の営業日 (クリックすると大きくなります⇩)

 


 年始は、
 1月5日(土)~営業いたします。


★ 1月17日~2月28日まで
  インドへ行くため長期休業いたします。

  再オープンは、3月~となります。
  詳細は後日お知らせいたします。


 よろしくお願いいたします!





今年のクリスマスは、
10年間記録し続けた、旅のカレーノートから
思い出のあるメニューで構成いたします。
 
料理と物語。
当時の記録とともにお楽しみください。。



 
現在のクリスマスのご予約状況です。

20日(木)
11:00~ 
13:30~ 残り2席

21日(金)
11:00~ 満席
13:30~ 満席
  
22日(土)
11:00~ 満席
13:00~ 満席

23日(日)
11:00~ 満席
13:00~ 満席
15:30~ 満席(★追加)

24日(月)
11:00~ 満席
13:00~ 満席
15:30~ 残り2席(★追加)

★土・日・祝がすぐに満席になったため、
 15:30~のお席を増やしました。

★キャンセル待ちもお受付しております。
 お問合せください。

 
よろしくお願いいたします!






2018 
Christmas Special  ★★★


MEMORY OF TEN YEARS
ー 砂の岬 10年の記憶ー


10年間インドを食べ歩いてきました。
旅のなかずっと記録し続けた、カレーのノート。

2018年のクリスマスは、
10年で書き溜めたノートから
思い出のあるカレーを作ります。

店主の小さな物語のブックも添えます。
記憶のカレーをお楽しみください。




★ Chiristmas Special Course ★

2018年12月20日(木)~24日(月)
11:00~/13:00~/13:30~(Lunch only)
4200 yen +tax


◆NONVEG MEALS のお料理です。
 インド各地域のカレー。
 チキン、ラム、マトン、ビーフ、ポーク、
 フィッシュ、シュリンプ、クラブ etc...

◆今回はVEG対応ができません。
 すべてのアレルギーに対応できない場合もございます。
 お電話にてお問合せください。

 
★ご予約お問合せは、お電話にて
    080-4248-7720
 


少しずつご予約が埋まってきております。
お早めにご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします!
 
 
 
 
◆去年のクリスマスの様子はこちらから。。。
 ⇒ 2017年 Christmas Special menu
 
 
   


◆2018年12月の営業日 
(クリックすると大きくなります⇩)


 
 
12月20日(木)~24(月)は
クリスマススペシャルメニューをご用意いたします。

メニューの詳細は、
後日お知らせいたします。

◆臨時休業
 クリスマスメニューの準備のため、
 12月はお休みが増えています。
 営業日をご確認ください。  
   
 
   

◆2018年11月の営業日 (クリックすると大きくなります⇩)  




11月は、
19日(月)26日(月)お休みいたします。
 
よろしくお願いいたします。

砂の岬ホームページへ
砂の岬ホームページはこちら。
こちらのページは、 日々のお知らせ(NEWS)です。   上記リンクから、ホームページへ移動します。
砂の岬について
砂の岬は、大変小さな狭いお店です。事故防止のため、10歳未満のお子様のご同伴をご遠慮いただいております。     4名様以上のご来店は、ご予約のみお受付しております。ご予約のないお客様はお断りしております。 どうぞご理解ご協力お願いいたします。
営業日等の詳細は、ホームページにてご確認ください。
砂の岬ができるまで
ブログ内検索