お休みやメニューやいろいろなお知らせ       
[520]  [516]  [518]  [519]  [517]  [514]  [506]  [511]  [512]  [510]  [509




晩秋から冬の旬のお野菜、届きました。

今回は、
伝統野菜の大浦ごぼう
筍芋(京芋)のご紹介です。



◆大浦ごぼう

成田山新勝寺に伝わる伝説には、
その昔、乱をおこした平将門を倒すよう朝廷から命じられた藤原秀郷が、
成田山新勝寺に戦勝を祈願した際、大浦ごぼうの空洞部分に具を詰めた料理を食べて
戦に勝利したとあり、縁起物とされています。
精進料理にも使用される、伝統野菜です。

香りと食感がよく、美しい模様がきれいに出ます。
汁物にしても、とても香り高い風味がでます。



◆筍芋(京芋)

タケノコイモは地上に頭を出している姿が筍に似ている事から
「タケノコイモ」と名づけられています。
宮崎県では明治時代に導入された「台湾いも」と呼ばれていたものを原種とし、
戦前から小林市を中心に栽培されてきたようです。

肉質は粉質で身がしまっており、煮くずれしにくく煮物にも合いますが、
揚げ物にしてもホクホクとした食感が楽しめるので、
お店では、パコラ(インドの天ぷら)としてお出ししています。



香り食感ともに秋の味覚をお楽しみください。





砂の岬ホームページへ
砂の岬ホームページはこちら。
こちらのページは、 日々のお知らせ(NEWS)です。   上記リンクから、ホームページへ移動します。
砂の岬について
砂の岬は、大変小さな狭いお店です。事故防止のため、10歳未満のお子様のご同伴をご遠慮いただいております。     4名様以上のご来店は、ご予約のみお受付しております。ご予約のないお客様はお断りしております。 どうぞご理解ご協力お願いいたします。
営業日等の詳細は、ホームページにてご確認ください。
砂の岬ができるまで
ブログ内検索